バイト

11月18日(木)

神奈川工科大学の福祉の授業に呼ばれて、
講師(?)、見世物(?!)として行ってきました。

60人位の授業でゆとり世代の18歳位の若者たちがいました。
さすがに若くてギャップを感じました。
最初に、頚損の私の話や自宅生活のことなどを話しました。
書いておいた原稿を忘れてしまい、話す時に真っ白になってしまいました008.gif
いい感じの原稿を書いておいたのに大したことが言えませんでした。

次に母が呼吸器の事などを話し、次に質問タイムになりました。
事前にみんな質問を考えてくれていたようで、
先生が指すと色々な質問がありました。

頚損の事は、私もそうだったようにみんな分からないので色々聞かれました。
ボランティアで誰か興味を持ってくれて、
家にお散歩の付き合いをしてくれる子が見つかればいいなと思い声をかけてみました。
いまだに誰も連絡ありません002.gif

豪華弁当を先生と一緒に頂き先生がおもしろいので、
いろいろ話をしながら楽しかったです072.gif

あとからもう一人先生が来て、新しく買ったCDを聞かせてくれました。
コンゴの障がい者のバンドで、かなり熱いステージの演奏を、
日比谷公園のライブで聞いて感動して、その話などを熱く語ってくれました。

工科大の街路樹は紅葉していて綺麗でした!
[PR]
by sena_kingyo | 2010-11-25 18:14